×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

フード・マイレージって知っていますか?|リーフプロジェクト / LeafProject

フード・マイレージって何?

海外依存率 日本の自給率を知っていますか。
わずか40%です。
(平成19年度 カロリーベース)

これは裏を返せば、実に60%もの食糧が海外から輸入されている事を意味します。 しかもそれらの輸送は、船や飛行機、トラックで長い距離を運ばれ、大切なエネルギーを大量に消費しているのです。 もったいないことだと思いませんか?
値段や鮮度と共に「食物の輸送」についても考えることが大切になってきているのです。

日本は世界一位!

フード・マイレージとは、「食料の輸送距離」と言う意味で、食と環境の関係を数値で表す新しいツールです。
フード・マイレージ=食べ物の量×食べ物の輸送距離 航空会社のマイレージポイントとは異なり、輸送距離が短ければフード・マイレージは小さくなり、 長ければ大きくなります。 農林水産省の2001年の試算によると、日本のフード・マイレージは、総量では世界中で群を抜いて大きく、 国民一人当たりの値でも一位となっています。 日本のフード・マイレージ

輸入品に頼らず、なるべく国産のものを食べること、そして同じ国産であれば近くで出来た物を食べることが、 輸送に伴うフード・マイレージを減らすことになります。
現在、フード・マイレージは「地産地消」の良さをお伝えするツールとして大変注目されています。

輸送手段が変われば環境負荷も変わる

輸送手段が変われば環境負荷も変わる もう一歩踏み入れた考えをしますと、 フード・マイレージに「CO2排出係数」を掛け合わせると、その輸送に伴いどれだけのCO2が排出されたかが試算されます。 輸送手段によって、排出量は大きく変わってきます。

近場で出来た物でも、CO2排出量が多い輸送手段を使えば環境負荷は大きくなり、 海外の物であっても、CO2排出量が少ない輸送手段を使えば環境負荷は小さくなります。

また、旬ではない物・その土地の生産状況に会っていない物を無理に生産することも、環境負荷が大きいといえます。 フード・マイレージは「旬産旬消」「適地適作」も踏まえて考える必要があるとされております。

日々のお買い物の中で私たちに出来る簡単エコとして、フード・マイレージの考えを取り入れた生活をしてみませんか?

カーボンフットプリントとの違い等、今後HP内で紹介していく予定です。
フード・マイレージの詳しい内容は、フード・マイレージ セミナーにて学んでいただけます。

フード・マイレージ セミナー案内
HOME
PAGE TOP